コンテントヘッダー

すいませんチラ裏です

こんばんは。ゆうきです。

FXとはまったく関係ありませんが、スマホで撮影したFHD動画(1920x1080 AVC/H.264 30fps)の編集を時々やるのですが、どうにも遅い。
編集も遅いし、書き出しも遅くてストレスが溜まるう!

あっ、FXで儲けた(今年はマイナスだけど)お金を使おう!

ということで、動画編集PCを買いましたw

今のPCのCPUが、Core i7-4770で、エンコードにはQSV(Quick Sync Video)というハードウェアエンコーダーが使われています。
この延長で、Core i7-5775CというCPUの載ったPCを物色。

どこが違うかというと、こんな感じです。

前のPC
 Core i7-4770 Haswell 3.4GHz-3.9GHz
  Intel HD Graphics 4600/GT2/20EU

今回のターゲット
 Core i7-5775C Broadwell 3.3GHz-3.7GHz
 Iris Pro Graphics 6200/GT3e/48EU

QSVの性能という意味ではこんなCPUもラインナップされていますが、普通のPC用としては入手できません。

 Core i7-6785R Skylake 3.3GHz-3.9GHz
 Iris Pro Graphics 580/GT4e/72EU


さて、Core i7-5775Cですが、マイナーなCPUなので現時点で売っている製品はなく、中古PCをネットで物色して良さげなものを発見。

さくっと注文して入手して、少し手を入れました。

 ☆メモリーが4GBしかなかったので、16GBに増強
 ☆ストレージをHDDから、M.2 SSD(PCI Express Gen3 x4)に変更
 ☆CPUクロックを3.3GHzから4.0GHzにオーバークロック

セットアップ後、テスト用動画(約600秒くらいの長さ)で試してみました。

①QSVでエンコード
  前のPC 275秒 → 今回のPC 125秒(55%アップ!)

②QSVを使わず、CPUによるソフトウェアエンコード
  前のPC 596秒 → 今回のPC 227秒(62%アップ!)

編集自体もけっこうサクサクw

なお、前のPCのスペックは、CPUクロック3.4GHzのまま、メモリー16GB、ストレージはSSD(SATA3)でした。こんなに速くなるとは嬉しい限りです。

かかった費用は135,746円でした。

個人的には、SkylakeのIris Pro Graphics 580/GT4e/72EUを採用したPCが出ないか期待しています。今回のPCのさらに倍くらい速くなるのではないかなあ。


FX用のPCはこんな性能いらないので、楽ですねw

スポンサーサイト
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

yuki7go

Author:yuki7go
FX自動売買は2011年2月から開始しました。
FXは2008年からやってますが、裁量トレードではなかなか勝てなくて、自動売買に頼ろうと頑張ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR