コンテントヘッダー

バグ対策版です。TradeShare4.0b

TradeShare4.0にバグが見つかりました。
送り側で新規の指値・逆指値注文(buy limit/stop, sell limit/stop)を投入した後、その注文価格を変更したら、受け側へ反映されるはずがされないというバグです。

ご指摘ありがとうございました。>keeさん

今回はMT4のBuild1065でコンパイルしています。先ほどバグ対策して簡単にテストしただけですので、すべてのケースで正常動作するかどうかは未確認です。まあ大丈夫だと思いますが。(根拠ナシ)


ダウンロードはこちらから。
右クリックで「対象をファイルに保存(A)」してください。
   ↓
TradeShare40b.LZH Build1065

ダウンロード後、拡張子を.JPGから.LZHに変更してください。

(注)TradeShare4.0とTradeShare4.0bは併用できません。

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Build600以降に対応したTradeShare4.0

(8月10日更新)
先週、週またぎで何か変なことが起こっていると書きましたが、早朝時間のブローカーの挙動と、それに対するとMetaTrader4の動きのせいらしいと結論づけました。TradeShare4.0自体のロジックは問題ないと思います。
今週もフォワードテストを継続します。

(8月4日更新)
週またぎで何か変なことが起こっています。
今週(~8月10日)、確認します。未テスト版から1週間未満のフォワードテストでは足りなかったかな。。。


(8月3日更新)
MetaTrader4のBuild600以降に対応した TradeShare4.0 ですが、デモ環境でとりあえず1週間動かしてみて、注文も決済もトレードコピーできていそうです。
先週アップしたのは、MetaTrader4のBuild670でコンパイルしたものだったので、その前の安定版(?)のBuild646でコンパイルしたものも用意しました。MetaTrader4のバージョンにあわせてご利用ください。
また「TradeFilter40.mq4」は、先週、コメント化すべき箇所のコメント化を忘れてしまっていたので、正しました。


ダウンロードはこちらから。
右クリックで「対象をファイルに保存(A)」してください。
   ↓
TradeShare40.LZH Build646用
TradeShare40.LZH Build670用

ダウンロード後、拡張子を.JPGから.LZHに変更してください。

(注1)TradeShare4.0は、TradeShare3/3.1と互いに干渉することはありません。
(注2)MetaTrader4のBuild610以降のバージョンでお試しください。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Build600以降に対応したTradeShare4.0(未テスト版)

いやー、パソコンが壊れてしまいましたw
トレード用のST150Eではなくて、開発環境も入っている普段使いの方です。
そんなこんなで、遅くなりましたが、MetaTrader 4のBuild600以降にTradeShareを対応させてみました。

ただ週末で市場が動いていないので、テストはできていません。来週1週間のテストで確認予定です。

ダウンロードはこちらから。
右クリックで「対象をファイルに保存(A)」してください。
   ↓
TradeShare40.LZH

ダウンロード後、拡張子を.JPGから.LZHに変更してください。

(注1)TradeShare4.0は、TradeShare3/3.1と互いに干渉することはありません。
(注2)MetaTrader 4のBuild610以降のバージョンでお試しください。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

TradeShare3/3.1、TradeStatの取説の改定

2014年になりました。1月6日からEA稼働を始めてますが、今のところ好調ですw

さて、TradeShare3/3.1、TradeStatにはそれぞれの使用方法を書いた取説を付けていて、問い合わせ先のメールアドレスも記載していましたが、そのフリーメールサービスがなくなることになりww、代わりのメールアドレスを取得したので、取説の改定版をアップしておきます。

ダウンロードはこちらから。
右クリックで「対象をファイルに保存(A)」してください。
保存せずに、そのまま開ける場合もあるようです(?)
   ↓
TradeShare3について.PDF
TradeShare31について.PDF
TradeStatについて.PDF

ダウンロード後、拡張子を.JPGから.PDFに変更してください。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

裁量トレードをチャートに表示するインジケータ

裁量トレードがへたなゆうきですが、いま3本のRCIを使ったスキャルピングを試しています。その裁量トレードの結果を反省するのに、国内狭スプブローカーでトレードした結果をMT4のチャートに表示するインジケータを作成しましたので、ご紹介します。

    chart20130117.png


探せばもうどなたかが作成されていると思いますが、プログラム作成が趣味なので、いいんですw

使い方は、
(1)裁量トレードの結果をCSVファイルにする
  CSVファイルのフォーマットはサンプルファイルを見てください。

(2)..\experts\filesにCSVファイルをセット

(3)インジケータResultOnChartをチャートにセット
  パラメータは、
   ex_FileName : CSVファイルのファイル名
   ex_Columns : CSVファイルの横項目数
   ex_DTime : サーバー時間がGMT+何時間か
です。

今回、ソース(.mq4ファイル)も付けていますので、好きなように改造してくださいww


ダウンロードはこちらから。
 右クリックで「対象をファイルに保存(A)」してください。
   ↓
ResultOnChart.LZH

ダウンロード後、拡張子を.JPGから.LZHに変更してください。

最初からMT4上でトレードすればいい?
まあ、そう言わずにwww

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

yuki7go

Author:yuki7go
FX自動売買は2011年2月から開始しました。
FXは2008年からやってますが、裁量トレードではなかなか勝てなくて、自動売買に頼ろうと頑張ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR